Now Loading...

Now Loading...

営業日カレンダー

  1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

※背景色が白の日は予約受付中です。背景色が緑の日は予約の受付を終了させて頂きました。

極上の癒し

「HOT HANDで頭のマッサージをすると頭・首・肩がとても軽くなり、目の前の視界が明るくなる」
と数々のお客様から評価を頂いております。

「脳疲労」からなる頭痛・首の疲れ・身体の疲れをヘッドマッサージのスペシャリストが繊細にアプローチ。
HOT HANDでは自分の手でお客様の頭と会話し、疲れのポイントを繊細にアプローチし「脳疲労」の改善をさせて頂きます。
目の前の視界が明るくなる極上の癒しをお届けいたします。

是非一度HOT HANDのヘッドマッサージをご体感下さいませ。

脳疲労

誰もが一台は持つようになり便利な時代になったスマートフォン
人と人とが簡単に繋がるようになり、電話・メール・知りたいことの情報収集が簡単にできるようになりました。様々な情報が瞬時に目や耳を通し、脳がそれらの情報を処理をします。
その情報量は昔の何倍!いや何十倍でしょう。

世の中が便利になり脳に入る情報量は何十倍に増えても、私たちの脳が処理する力はさほど変わってはいないでしょう。
だから現代人は昔に比べて脳を酷使しているのです。
そう現代人は「脳疲労」の方が多いのです。

脳を酷使し脳疲労が長く続くと自律神経が乱れ様々な症状を引き起こします。
①頭痛②不眠③仕事などの効率の低下④首肩コリ⑤常に疲れている感じ⑥やる気が出ないなど様々な症状が現れます。

何故この様な症状が現れるのか?

人が激しい運動をすると、だんだん体が動かなくなり運動のスピードも低下してきます。そして翌日には筋肉痛になります。
筋肉痛になる原因として、激しい運動ををする事で細かな筋肉が傷つきます。その傷ついた筋肉を修復する過程で炎症(筋肉の痛み)が起きます。

そう、これ以上運動をすると筋肉がいたくなりますよ!筋肉痛で俊敏な動きもできません、これ以上運動すると怪我をしますよ!このように体はSOSのサインを出しているのです。

①頭痛②不眠③仕事などの効率の低下④首肩コリ⑤常に疲れている感じ⑥やる気が出ないなど様々な症状も『脳疲労』が起きて自律神経が乱れていますよというサインなのです。

自律神経とはなんですか?

神経は大きく分けて2つに分かれます。
「中枢神経」と「末梢神経」に別れ、「末梢神経」は「体性神経」と「自律神経」に別れます。 体性神経は痛みや寒さなどを感じる「感覚神経」と自分の意志で動かすことのできる「運動神経」に分かれます。
では「自律神経」はというと自分の意志でコントロールできない「交感神経」と「副交感神経」に分かれます。 「交感神経」は激しい運動している時やストレス・不安・緊張を感じている時に働き、心身を活発にさせる神経です。 逆に「副交感神経」は心身を回復・リラックスをさせる神経で「副交感神経」が働かなくなると身体の回復力が遅れるのです。

交感神経が働いている時副交感神経は休み、副交感神経が働いているときは交感神経が休む
交感神経と副交感神経がバランスよく交互に活動することにより私たちの健康は維持されているのです。

マッサージの国家資格を取得する時、専門学校の生理学の先生がよくライオンにたとえて説明してくれました。
サバンナにいるライオンが生きていくために狩をする時、緊張と興奮状態の中、心拍数は早く血圧が上昇し獲物に向かって行くのです。 ライオンが獲物を捕獲して胃の中に入れた時、リラックスした状態になり胃の中の食べ物を消化させようと機能が活発になります。 緊張・興奮・心拍上昇・血圧上昇は交感神経の作用でリラックスした状態・消化機能の促進は副交感神経の作用なのです。
ライオンも交感神経と副交感神経をバランス良く交互に活動することで生きいるとよく教えてもらいました。

お知らせ